爪水虫 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 爪水虫
 

爪水虫

爪水虫

爪白癬とは、爪にできる水虫で、白癬菌(はくせんきん)というカビが爪の中に感染して、爪の厚くなったり変形する病気です。爪白癬は、足の親指の爪にできることが多いです。爪白癬は多くの場合、足白癬に続いて起こりますが、気づかないで放置して、知らない間に悪化させてしまうこともあります。日本人の10人に1人かかっているともいわれ、見逃されやすい病気です。

爪水虫(爪白癬)の原因

爪白癬の原因は、白癬菌というカビで足水虫と同じ菌です。爪白癬のほとんどは、白癬菌が爪の中に侵入し、爪の下部である爪甲下(そうこうか)をすみかとするものです。爪の表面は硬くできているため、白癬菌も侵入しづらいのですが、爪甲下は水分が多くて軟らかく、またケラチンも豊富に含んでいるために、白癬菌にとって格好のすみかとなります。足水虫がある場合は、足水虫からは白癬菌が供給されて爪白癬になることもあります。

爪水虫(爪白癬)の症状

爪白癬は水虫の一種ですが、自覚症状が少なくかゆみも出ることはありません。 主に以下のような爪の変化がおこります。

① 爪が変形する
② 爪がボロボロ欠ける
③ 爪が白色や黄色に濁る
④ 爪が厚くなる
⑤ ひどくなると、細菌が感染して痛みを感じることもある

爪水虫(爪白癬)の検査

爪白癬の検査は、水虫と同じく顕微鏡により行います。爪白癬と思われる部分の一部を採取し、顕微鏡で白癬菌の有無を調べます。
白癬菌が確認されると、爪白癬であると診断されます。

爪水虫(爪白癬)の治療法

爪白癬の治療は、薬物療法が中心になります。薬物療法には、飲み薬が治療の中心として用いられます。
飲み薬飲み薬が爪白癬の治療の中心になります。外側からでは成分が届かない爪の中の白癬菌も、飲み薬ならば体の中から直接成分が届きます。また、飲み薬はその成分が直接白癬菌に届くだけでなく、薬の成分が体内に長時間とどまるという利点があります。
抗真菌剤の飲み薬を用いた治療では,まれに肝臓の機能が障害される副作用が現われることがあるため、治療の開始前に血液検査で肝臓の機能に異常がないかどうかを確認します。この時の検査で異常がなかった場合,飲み薬を内服した後に、もう一度同じ検査を行って,血液検査の数値に異常がないかどうか確認します。
現在使用されている抗真菌剤の代表はラミシールとイトリゾールの2剤です。ラミシールは1日1回朝食後に約6ヶ月間毎日飲み続けます。イトリゾールは、パルス療法といって通常よりも多い量の薬剤を1週間飲んで3週間休むことを3回(3ヶ月間)繰り返します。爪の生え替わりには一定の期間を必要とします。一般的に、新陳代謝による爪の生え替わりの期間は、手の爪で約6ヵ月、足の爪では約1年かかるといわれています。両方の薬剤ともに、8割以上の有効性が確認されています。

▼爪白癬の薬クレナフィン

クレナフィン

爪水虫(爪白癬)の日常生活の注意点

カビの一種である白癬菌は、高温多湿のジメジメとした状態を好みます。爪白癬の予防においては、白癬菌の繁殖を抑え、周囲の人間にうつさないように白癬菌の好む状況を生活環境から取り除くことが大切です。
具体的には、以下のような対策があげられます。

【白癬菌を生活環境から排除する方法】
① 足を良く洗い清潔にします。
② 足をよく乾燥させ、湿ったままの状態にしないようにします。
③ 部屋の通気を良くします。
④ 足に直接触れるもの(バスマットや靴下等)はこまめに洗濯をします。
⑤ 頻繁に床の掃除します。

爪水虫(爪白癬)の注意点

爪が変色していたり、厚くなっていると爪水虫ではないかと思ってしまいますが、実際は爪水虫ではなくても、同じような症状がでることもあります。顕微鏡検査、培養検査で白癬菌がいるかどうか確認することが重要です。

ページトップへ