細菌性亀頭包皮炎 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 細菌性亀頭包皮炎
 

細菌性亀頭包皮炎

亀頭包皮炎は、亀頭や包皮に傷ができ、そこから細菌やカビが入り込むことで起こります。亀頭包皮炎は恥垢と呼ばれる垢が溜まることで起こることがあります。恥垢には雑菌が繁殖し、異臭を放ちます。
亀頭や包皮に痒みや痛みがある場合、細菌性亀頭包皮炎・カンジダ性亀頭包皮炎・性器ヘルペス・陰部湿疹などの皮膚病が疑われます。
亀頭包皮炎の中でも、細菌が原因である場合、細菌性亀頭包皮炎、カンジダが原因である場合、カンジダ性亀頭包皮炎と呼ばれています。

細菌性亀頭包皮炎の原因

細菌性亀頭包皮炎は、亀頭や包皮などの皮膚表面にいるブドウ球菌、大腸菌、連鎖球菌、腸球菌などが原因となり引き起こされます。なお、包茎の場合亀頭を包皮が覆ってしまっているので、かかりやすくなります。子供が亀頭包皮炎になることが多く、大人の場合は洗いすぎ・下着との摩擦・性交渉などによる物理的刺激による粘膜の傷などから感染することもあります。新宿区西新宿にある新宿駅前クリニックでは、パートナーとの性交渉や、風俗店にいった後、亀頭や包皮に異常を感じて、来院される方も少なくありません。

細菌性亀頭包皮炎の症状

亀頭や包皮は柔らかくて薄いので、雑菌が入ると炎症を起こし、赤く腫れます。痒みだけのこともありますが、炎症が強い場合は、激しい痛みを伴い、診察時に包皮をめくることができないこともあります。包茎の場合は再発を繰り返すこともあります。

細菌性亀頭包皮炎の治療法

細菌性亀頭包皮炎の場合、皮膚の腫れや炎症が強い場合は、抗生剤の内服や抗生剤の外用薬(軟膏)を使用します。
赤み・痒みがある場合、医師の判断により、抗アレルギー薬の内服、微量のステロイドの外用薬を使用することがあります。症状によっては抗生剤の軟膏とステロイドを含む軟膏を混和させて使うこともあります。

抗生剤の内服

オゼックス・フロモックス・クラビット・クラリス・グレースビットなど

抗生剤の外用薬

フシジンレオ・クロマイP・ゲンタシンなど

ステロイドが含まれている外用薬

グリメサゾン・ロコイド・キンダベート・ネオメドロール・プレドニンなど

細菌性亀頭包皮炎の注意点

亀頭や包皮はもともと皮膚が薄く、刺激に弱い場所です。この時刺激に弱くなった包皮を石鹸でごしごし洗うことはやめましょう。必要な皮脂まで洗浄されると皮膚が炎症を起こしやすく、逆に細菌が繁殖しやすくなってしまうことがあります。
石鹸やボディソープではなく、ぬるま湯で洗い流す程度で十分です。体の他の部分を洗った石鹸が陰部にも付着するため、ある程度自然に洗い流されます。
亀頭包皮炎の状態で亀頭や包皮が敏感になっていると、抗生物質の外用薬はかぶれることがあります。抗生物質の塗り薬をつけて、逆にひりひり感、赤み、腫れなどがひどくなるようなら、早めに医師に相談するとよいでしょう。

新宿区西新宿の新宿駅前クリニック皮膚科では、陰部のトラブルなど、亀頭包皮炎の診察および治療を保険診療でおこなっております。お気軽にご相談ください。

ページトップへ