顔が赤くて、かゆい 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 顔が赤くて、かゆい
 

顔が赤くて、かゆい

接触性皮膚炎、日光皮膚炎、アトピー性皮膚炎、酒さ、脂漏性皮膚炎、伝染性紅斑、薬疹、口唇ヘルペス、帯状疱疹などが疑われます。

接触性皮膚炎

いわゆる、かぶれの状態で、クレンジングや化粧品などが原因で起こります。 かぶれの原因となっていることを中止します。 赤みがひどい場合は、ステロイドの塗り薬を使用します。

日光皮膚炎

日光による刺激で、皮膚が炎症を起こします。 接触性皮膚炎と同じく、ステロイドの塗り薬を使用します。 まれに、日焼け止めでかぶれることがあります。

アトピー性皮膚炎

ひどい場合は、赤鬼とも呼ばれる特徴的な顔貌になってしまうこともあります。その場合、発赤と腫脹が顔全体に生じます。 保湿剤、ステロイド、プロトピックなどの塗り薬や、抗アレルギー剤の飲み薬を使用します。

酒さ

顔面の血管拡張とかゆみが特徴の慢性の皮膚病です。 ステロイドを漫然と使用継続すると、副作用として、酒さ様皮膚炎を起こします。 治療には、テトラサイクリン系の飲み薬を使用することもあります。

脂漏性皮膚炎

眉間や鼻のわきなどの脂のでやすい部位に発生しやすい皮膚病です。

伝染性紅斑

ヒトバルボウイルスによる感染症で、小児に多い感染症です。

薬疹

薬による発疹で、顔以外にも全身に発疹が出ることが多いです。

単純疱疹

いわゆるヘルペスとも呼ばれて、水ぶくれ、赤み、痛みが生じることがあります。 唇にできやすくその場合、口唇ヘルペスといいます。

帯状疱疹

基本的には、体の半分にできる病気で、痛み、水ぶくれを伴いますが、初期はかゆみだけのこともあります。

ページトップへ