肝班 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 肝班
 

肝班

肝班とは、顔の頬(ほお)あたりに左右対称にみられ、境界がはっきりした褐色のしみです。色がレバーの色に似ていることからその名前がついたとされています。主に30代~50代の女性に見られます。しみは医学的に肝班のことを意味していたのですが、世間一般では加齢に伴う老人性色素班なども、しみと呼んでいる場合が多いようです。

肝班の原因

ホルモンバランスの変化や乱れによって起こりやすく、妊娠やピルの服用、多量の紫外線曝露などにより引き起こされるることもあります。色素沈着の原因には、化粧品による刺激による慢性炎症が要因にある説もあります。

肝班の症状

頬以外にもこめかみ~おでこや、鼻の下などの口の周りに出現することもあります。

肝班の治療法

薬物療法が中心になります。薬物療法はビタミンC(シナール)、トラネキサム酸(トランサミン)、ビタミンE(ユベラなど)の内服や、ハイドロキノン、トレチノインなどの美白剤の外用薬を組み合わせます。

肝班の注意点

肝斑は紫外線により増悪するため、日常生活においても日焼け止めを使用する必要があります。また、老人性色素班と異なり、レーザー治療により悪化しますので注意が必要です。

ページトップへ