吹き出物 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 吹き出物
 

吹き出物

吹き出物

正式には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれ、思春期の顔にできれば一般にニキビと言われますが、それ以外のものを吹き出物と言います。皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まることで原因菌が繁殖することが要因となります。

吹き出物の原因

青年期以降の吹き出物にはいくつかの原因があり、それらの原因が一つもしくは複数絡み合って症状を引き起こします。最も多く見られる原因は、古い角質細胞の滞留と皮膚の乾燥です。睡眠不足や過労をきっかけに肌の新陳代謝が悪くなり、古い角質が毛穴を詰まらせます。さらに、皮膚が乾燥することで毛穴を塞いでいる角質が厚く硬くなっていきます。そのため、毛穴を塞ぐ部分に吹き出物の原因菌であるアクネ菌が繁殖し、その菌への免疫反応として炎症が起きます。なお、すべての吹き出物に対して原因が判明しているわけではなく、原因が明らかではないケースもあります。

吹き出物の症状

口やあごの周囲に痛みを伴う赤い発疹が発生し、症状が治まっても再発することがあります。また、女性の場合は生理前になると発症しやすくなります。一般に、思春期のニキビと比較して治りは遅い傾向があります。 なお、症状の発生過程はいくつかの過程があり、おおよそ下記の経過で症状が進行していきます。

  1. 毛穴の詰まり

    分泌された皮脂と古い角質細胞により毛穴に角栓が形成され、毛穴を塞いでしまう状態になります。この状態になる要因は、角質が厚くなることと、皮膚の乾燥に対する生体反応(皮膚のバリア機能回復)として皮脂を過剰分泌することが挙げられます。なお、皮膚の過剰分泌のその他の要因は、過労や睡眠不足が繰り返されたり、生理前のホルモンバランスの乱れ(男性ホルモン優位)などがあります。一般に、白ニキビと言われる段階です。
  2. 皮脂の酸化

    毛穴に詰まっている皮脂が空気中に触れることで酸化し、黒色の過酸化脂質に変質します。過酸化脂質は吹き出物の原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすい環境であり、この段階からアクネ菌が次々と増殖していきます。なお、空気中のみならず身体の活性酸素に影響されて過酸化脂質になることもあります。一般に、黒ニキビと言われる段階です。
  3. アクネ菌繁殖による炎症

    アクネ菌が増殖したことで身体の免疫反応が起き、皮膚が炎症を起こした段階です。赤く腫れて痛みを伴います。軽症であれば痛みではなくかゆみを感じることもあります。一般に、赤ニキビと言われる段階です。
  4. 患部の化膿

    アクネ菌の繁殖により炎症の悪化が進むと、黄色ブドウ球菌の繁殖も起こり患部内部が化膿していきます。この段階まで進むと治療が難しく、完治するまで時間がかかります。一般に、黄色ニキビと言われる段階です。

吹き出物の検査

吹き出物のための特定の検査はありません。

吹き出物の診断

視診と問診により吹き出物の状態を確認して診断します。

吹き出物の治療法

症状に合わせて様々な治療法がありますが、基本は薬物療法と生活習慣の見直しが中心になります。薬物療法では抗菌剤や毛穴の詰まりを改善する塗り薬を用います。吹き出物に有効なディフェリンゲルという新しい治療薬が効果的です。ディフェリンゲルは吹き出物の初期状態から炎症状態まで広く効果があり、欧米でも広く使用されています。 生活習慣の見直しでは、睡眠不足と過労を避けてストレスが蓄積されないような生活に改善していきます。また、ビタミンやミネラルなどが不足にならないよう栄養バランスの取れた食生活を送るようにしていきます。

吹き出物の注意点

吹き出物が出てくる主な原因は、日常の生活習慣です。睡眠不足が続いたり過労が積み重なってストレス過多な状態になると、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が悪くなっていきます。その結果、肌の乾燥や古い角質細胞の滞留が促進されるため、吹き出物に繋がります。
したがって、適切な睡眠時間を確保し、疲労が蓄積されないよう注意して過ごすことが大切です。また、食生活が乱れると肌に負担がかかるため、栄養バランスを考慮した食事を摂っていくことが、吹き出物予防に効果的です。また、便秘になると老廃物蓄積になり肌への影響が及ぶため、食物繊維不足にならないように食生活を送ることが大切です。
その他、皮膚の乾燥を防ぎアクネ菌繁殖を抑えるために、適切なスキンケアを行います。多量に汗をかいたときはすぐに拭き取り、シャワーを浴びて身体を清潔に保ちます。特に夏場など気温が高くなる時は吹き出物が悪化しやすいため要注意です。
一般に、吹き出物は症状が進むほどに跡が残りやすくなるため、皮膚科で早期に治療を始めることをお勧めします。

ページトップへ