コンジローマの治療薬 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • コンジローマの治療薬

コンジローマの治療薬

男性のコンジロームの治療薬へ戻る

コンジローマの治療では液体窒素による凍結療法が一般的ですが、症状や患者様の状況によっては治療薬での治療も行われます。今回は当院で使用されているコンジローマの治療薬「ベセルナクリーム」についての情報をお伝えします。

ベセルナクリームとは

ベセルナクリームはコンジローマの原因菌であるヒトパピローマウイルスの増殖を抑制、また、免疫力と高めることで症状を収束させる抗ウイルス薬です。コンジローマの治療に利用されている他、2011年には日光角化症への効能が確認されました。

主成分は免疫細胞の機能を高める物質「イミキミド」です。その名の遠い白色のクリーム剤であり、コンジローマの症状が出ている患部に塗布して使用します。外科的な治療をすることなく症状を収束できることで、コンジローマの治療では一般的に利用されている治療薬です。

ベセルナクリームの使用方法

① 夜の入浴後、クリームを適量手にとり、イボに塗ります。患部が見えにくい場合は手鏡を使用すると便利です。
② クリームの白色が見えなくなるまで、患部にすりこみます。塗布した後は、絆創膏などを貼る必要はありません。
③ クリームが付着した手は、石鹸でよく洗うようにしてください。
④ 就寝し、6~10間程度放置します。
⑤ 起床後、朝のシャワーでベセルナクリームをきれいに洗い流します。

以上の流れを、週3回の頻度で繰り返しながら、様子を見ます。

ベセルナクリーム使用上の注意点

ベセルナクリームは皮膚のかぶれを引き起こしやすい薬です。2日連続での使用はせず、週3回の頻度を守るようにしてください。患部への塗布後10時間以上の放置や、手に付着したクリームを放置しておくと皮膚炎になってしまう恐れがあります。

また、ベセルナクリームは医師の処方箋のもとに病院で処方される薬です。個人輸入で入手する方法も普及していますが、偽物・粗悪品も少なくありません。上述したように使用・取り扱いに注意が必要となる薬でもありますので、医師から適切な指示を受けるためにも必ず病院で処方してもらうようにしましょう。

ベセルナクリームの処方は新宿駅前クリニックまで

適切な方法でベセルナクリームを使用することで、コンジローマの症状は快方へと向かっていきます。コンジローマの症状でお悩みの方は、ぜひ新宿駅前クリニックにご相談ください。当院では患者様の症状に合わせて液体窒素の凍結療法、ベセルナクリームの処方を行っています。

ページトップへ