コンジローマと間違いやすい「陰茎真珠様小丘疹」 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • コンジローマと間違いやすい「陰茎真珠様小丘疹」

コンジローマと間違いやすい「陰茎真珠様小丘疹」

男性のコンジロームの豆知識へ戻る

コンジローマはその症状から、「陰茎真珠様小丘疹」という生理現象と頻繁に混同されます。今回はこの陰茎真珠様小丘疹の基本的な情報と、コンジローマとの違いについてお伝えします。性器に現れた異常を判別するヒントとしてお役立てください。

陰茎真珠様小丘疹とは?

陰茎真珠様小丘疹は、性器に発生する症状のひとつです。「フォアダイス」と呼ばれることもあります。亀頭・カリの部分にブツブツができる様子はコンジローマの症状とよく似ているため、一般の方が目視しただけではコンジローマと混同されることも珍しくありません。

ブツブツの正体は単なる脂肪であり、有害なものではありません。日本人男性の約7割は発症しているといわれているごく一般的な症状です。また、女性の発症例は多くなく、ほとんど男性の症状と考えていいものです。

コンジローマとの違いは?

コンジローマが性感染症であるのに対し、陰茎真珠様小丘疹は生理現象です。不快な見た目を気にしないのであれば、放置していても何も問題はありません。

両者はブツブツの外観から判別することができます。陰茎真珠様小丘疹のブツブツは脂肪の塊のため白味がかっていますが、コンジローマのブツブツは通常赤色です。また、陰茎真珠様小丘疹のブツブツが均一の大きさを保っているのに対し、コンジローマのブツブツは不揃いになります。さらに、コンジローマのブツブツは「ニワトリのトサカ状」「カリフラワー状」とも形容される特徴的な形状をしています。

陰茎真珠様小丘疹の原因

ペニスが不潔な状態が続くと、陰茎真珠様小丘疹を発症しやすいといわれています。日本人男性の約7割は包茎のため、意識していてもペニスが不潔になりがちです。そのため、フォアダイスは日本人男性にとって珍しい症状ではありません。

判別がつかない場合は新宿駅前クリニックへ

陰茎真珠様小丘疹は生理現象のため、放置しても問題はありません。しかし、コンジローマを陰茎真珠様小丘疹と勘違いして、放置してしまうと症状が進行してしまいます。上述したコンジローマと陰茎真珠様小丘疹の違いからも判別がつかない、もしくは判断に自信がないという場合は、速やかに専門の病院で診断を受けるのが安心です。

新宿駅前クリニックでは、コンジローマ・陰茎真珠様小丘疹の症状がある患者さんからの相談をお待ちしています。ペニスにできたブツブツの正体を知りたいという男性は、お気軽に当院へとお越しください。

ページトップへ