コンジローマで高まる陰茎がんのリスク :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • コンジローマで高まる陰茎がんのリスク

コンジローマで高まる陰茎がんのリスク

男性のコンジロームの豆知識へ戻る

コンジローマの危険性で捨て置くことができないのが、陰茎がんを発症する可能性です。今回は、コンジローマと陰茎がんの知られざる関係について迫っていきます。

陰茎がんとは

陰茎がんとは、がんの一種であり、陰茎に発生するがんを指します。罹患する年齢層は60~80歳と高齢であり、ピークは65~70歳です。罹患した場合の死亡率は0.1%程度となります。

陰茎がんが進行すると海綿体、尿道におよび、排尿が難しくなることがあります。がんが肥大した場合は、出血を伴うことも珍しくありません。リンパの流れに悪影響をおよぼし、足がむくんでくるといった症状も一般的です。他のがんと同様に病気で分類されており、最終のIV期まで進行すると生存率は非常に低いと言われています。

陰茎がんの原因とは

陰茎がんの原因として考えられているのは、包茎、亀頭包皮炎、生殖器を不衛生な状態に保つこと、などです。不特定多数のパートナーと性交渉をすることも原因のひとつとみられています。性感染症の罹患も陰茎がんのリスクを高めると言われている要素のひとつです。コンジローマの原因菌であるヒトパピローマウイルスも、陰茎がんを高める要因のひとつに数えられています。

コンジローマと陰茎がんには関係あり?

コンジローマと陰茎がんはどちらもヒトパピローマウイルスを原因としています。コンジローマが良性のウイルスが原因となっているのに対し、陰茎がんの原因は悪性のものです。良性のヒトパピローマウイルスに感染している場合、同時に悪性のものに感染していることも少なくありません。

これはつまり、コンジローマを発症すると、陰茎がんのリスクも高まっているということです。一見するとコンジローマのようなイボが出ていた場合も、検査をしてみると良性のものではなく悪性のヒトパピローマウイルスを原因とするものだった、というケースもあります。コンジローマのイボ自体には痛みがありませんが、だからといって安心して病院に行かずに放置してしまうのは大変危険と言わざるを得ないのです。

性器に異常を感じたら、どんなサインでも見逃さないようにしてください。最悪の場合、陰茎がんとなって命を落としてしまう可能性があることも忘れてはなりません。新宿駅前クリニックでは、患者様のコンジローマ治療、陰茎がんのリスク低下のお手伝いをさせていただきます。「単なる性病」と甘く見ず、最悪のケースを想定しましょう。当院は患者様のご相談をいつでもお待ちしております。

ページトップへ