再発の可能性大!コンジローマを自然治癒する難しさ :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 再発の可能性大!コンジローマを自然治癒する難しさ

再発の可能性大!コンジローマを自然治癒する難しさ

男性のコンジロームの豆知識へ戻る

コンジローマは一旦症状が収束しても、再発する可能性が高い生感染症として知られています。生活に支障がないからといって自然治癒を待っていては、いつになっても症状は改善されません。コンジローマの再発率と自然治癒の難しさはしっかりと頭に入れておきましょう。

コンジローマ治療は再発との戦い

コンジローマ治療のひとまずの目標はペニスに現れるイボを失くすことです。そのために、液体窒素を使用した凍結療法やベセルナクリームでの治療を行います。しかし、実際にはそうした治療でイボがひいても、約25%の人は3カ月以内に再発してしまうのです。

これは、コンジローマの原因菌となるヒトパピローマウイルスが体内に残ってしまうことに起因します。上述したような治療を行ってイボがなくなったからといって、体内に残っていた菌が完全に失われるわけではないのです。人によっては何度も再発を繰り返し、治療が長期化してしまうケースもあります。

自然治癒ではいつまでたっても治らないかも?

コンジローマは放置されてしまいがちな性感染症です。そもそも感染に気付かない場合もありますが、多くは痛みやかゆみがないことに起因しています。人によっては放置し、自然治癒を待つことさえあります。

コンジローマが自然治癒するこがないわけではありません。感染者の20~30%は特に治療を行わずして患部からイボが消えていくといわれています。しかし、これはコンジローマが治ったことと同義ではありません。先に述べた通り、イボが消えても体内にヒトパピローマウイルスが残っている可能性は十分にあります。

放置するのはリスキー

自然治癒に期待していると、イボが大きくなったり、患部が拡大したりすることもあります。また、痛みやかゆみがないのはあくまでイボそのものであり、接触によって出血してしまう可能性がないわけではありません。

そもそも、自然治癒でコンジローマのイボがなくなるのは、あくまでラッキーと考えるべきです。体内にヒトパピローマウイルスが残っていれば、再発する可能性もあります。

コンジローマの治療は症状の収束からその後の検査までをサポートしてくれる病院で行うのが一番です。自然治癒を期待していると、かえって後の治療が困難になってしまうかもしれません。新宿駅前クリニックは患者様のコンジローマ完治に向けた治療をお手伝いしております。コンジローマと思しき症状が出ている方は、なるべく早い段階で当院へとお越しください。

ページトップへ