陰茎にイボが?コンジローマの症状とは :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 陰茎にイボが?コンジローマの症状とは

陰茎にイボが?コンジローマの症状とは

男性のコンジロームの症状へ戻る

クラミジア、淋病に次いで感染者の多い性感染症がヒトパピローマウイルスを原因菌とするコンジローマです。かゆみや痛みといった自覚症状はないことが多い物の、目で確認できるイボが発生することも多く、不快な生感染症として知られています。今回はこのコンジローマの症状について、深い知識を身に付けていきましょう。

「カリフラワー状」「ニワトリのトサカ状」のイボイボ

コンジローマの原因菌であるヒトパピローマウイルスに感染すると、1~2週間程度で感染部分に先端が尖ったイボイボが出てきます。このイボイボはよく「ニワトリのトサカ状」「カリフラワー状」などと形容される特徴的な形状をしていますので、判別しやすいはずです。

亀頭、亀頭上部の冠状溝、陰茎が主な患部となります。肛門付近に症状が現れることも少なくありません。イボの大きさは1~2ミリ程度ですが、それぞれのイボイボが重なり大きく肥大する場合もあります。観察するとイボの大きさはバラつきがあるように見えるでしょう。

痛み・かゆみはないが……

コンジローマは不快な見た目に反して、痛み・かゆみといった自覚症状は現れないケースがほとんどです。そのため、目視で確認できない場所にイボができていると発見が遅れてしまうことがあります。早期治療のためには、ちょっとした違和感に気づくことが大切です。

また、痛みやかゆみがないことを理由に自然治癒を待つ人がいますが、これは賢明な判断とはいえません。放置しておくとイボの面積が広がっていくこともあります。イボイボ自体に痛み・かゆみはないものの、接触による出血の可能性は捨てきれません。また、悪臭を放つ原因となることもあります。なにより性交渉のパートナーに感染させてしまう可能性がありますので、性感染症を治療するクリニックで早めの治療を受けましょう。

悪性のヒトパピローマウイルスに注意

ヒトパピローマウイルスには良性と悪性があり、尖圭コンジローマは良性のヒトパピローマウイルスによって起こす性感染症です。悪性のヒトパピローマウイルスに感染すると、陰茎ガンが引き起こされる可能性があります。また、悪性と良性に同時に感染するケースもありますので、コンジローマを放置しておくのは陰茎ガンのリスク回避の点からも望ましくありません。

コンジローマの症状が現れたら新宿駅前クリニックに

パートナーに及ぶ危険性や、陰茎ガンの可能性を考えると、早期の内に治療を受ける必要があります。上述したようなコンジローマの症状が現れたら、自己判断で放置せず新宿駅前クリニックにお越しください。

ページトップへ