男性のコンジローム 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 男性のコンジローム

男性のコンジローム

【マンガ01】
男性のコンジローム
【マンガ02】
ベセルナクリームの使い方

男性のコンジロームの原因

尖形コンジロームとは、ヒトパピローマウィルスが、皮膚や粘膜の小さな傷から入りこみ感染して、ウイルスが増殖するために引き起こされる病気です。コンジロームは粘膜が直接こすれて感染するため、性交渉などが原因で感染します。

男性のコンジロームの症状

男性の尖形コンジロームは亀頭、亀頭上部の冠状溝、陰茎、肛門付近に、先端が尖りザラザラしたいぼの症状がでます。
最初の大きさは直径1~2ミリ前後ですが、ときにはぶつぶつが重なって、大きいものですと直径1~2センチ近くになることもあります。
通常、一個だけということは少なく複数個のいぼがぶつぶつできることが多いです。
かゆみを伴うこともありますが、自覚症状はないことが多いです。

男性のコンジロームの治療法

液体窒素(えきたいちっそ)による凍結療法、抗ウイルス薬の塗り薬で治療します。

【液体窒素】

液体窒素で凍らせた綿棒を数秒間いぼに接触させて、コンジロームを凍らせます。
液体窒素をすると、痛みが続いたり、水ぶくれになることもありますが、問題はありません。
いぼの大きさ、状態により、1~2週間ごとに何度か繰り返す必要があります。
通常は1回で尖形コンジロームが完治することは難しく、1週間から2週間ごとに液体窒素による凍結療法が少なくとも数回以上は通院が必要になります。
液体窒素以外にも、ウイルスを破壊したり、増殖を抑制させる働きがある抗ウイルス薬の塗り薬を使用することもあります。

男性のコンジロームの治療薬

コンジロームの治療は液体窒素による凍結療法が中心になりますが、ベセルナクリームという塗り薬を使用することもあります。
べセルナクリームは毎日塗る薬はではなく、一日おきに使用します。夜入浴後に塗っていただき、朝洗い流すようにします。
べセルナクリームはかぶれやすい塗り薬ですので、皮膚がじゅくじゅくがでたり、痛みがでるようならすぐに中止して医師にご相談ください。
新宿駅前クリニックでは液体窒素およびべセルナクリームの処方を保険診療にておこなっております。
ベセルナクリームの使い方は、週3回(月、水、金または火、木、土)、寝る前に病変部に塗り、翌朝シャワーで洗い流します。
これを経過を見ながら繰り返します。

男性のコンジロームの治療費用

尖形コンジロームの場合は、診察料や液体窒素による凍結療法などを含めての費用は、合計2000円前後になります。
それ以外に抗ウイルス薬のベセルナクリームを処方した場合は、薬局にて治療薬の費用がかかります。(処方日数による前後します。)

男性のコンジロームの注意点

最初は、いぼようなものがあり、徐々に大きくなってきて、顆粒状になって初めて異常に気づくこともあります。
尖圭コンジロームとよく間違えやすい病気に陰茎真珠様小丘疹pearly penile papules と フォアダイスfordyceがあります。
以前からできているのですが、急に気がついてコンジロームではないかと心配されて来院されることもありますが、コンジローマと違い問題はありません。
  なお、アトピーや洗いすぎにより傷があるとコンジローマはできやすい状態にありますので洗いすぎには注意が必要です。
尖圭コンジローマはウイルス性の病気なので治療後に再発することもあります。
表面上のイボを取り除くことができますが、それ以上の治療は現在のところできません。
目で見てイボがなくなってもウイルスが潜在していることがあり、半年から1年潜伏している期間があることもあります。

男性のコンジロームの豆知識

ページトップへ