クラミジアに感染する原因とは :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • クラミジアに感染する原因とは

クラミジアに感染する原因とは

男性のクラミジアへ戻る

性交渉から感染することが多いと知られているクラミジア。具体的な感染原因とは、いったいどのようなものなのでしょうか? 一般的なクラミジアの感染原因についてお話しします。

クラミジアの原因菌「クラミジアトラコマチス」

クラミジアは細菌を原因とする性感染症です。原因となる細菌にはいくつかの種類がありますが、一般的なのは「クラミジアトラコマチス」です。もともとは眼病の粘膜園「トラコーマ」を引きおこす細菌として知られていたため、この名がつけられたといいます。

クラミジアトラコマチスは宿主の細胞内でしか生存、また増殖することができない「偏性細胞内寄生体」という性質を持っています。生命力自体は非常に脆弱な菌、ということです。空気中では死んでしまいますので、主な感染経路は「粘膜同士の接触」のみということになります。

性交渉での感染確率が高い

クラミジアトラコマチスは空気中を移動することはありません。また、公衆浴場などの水から、人の体に入り込むこともないです。基本的な感染経路は「粘膜と粘膜」の接触しかありません。

人同士が粘膜を接触させる機会としてもっとも多いのは性行為です。つまり、クラミジアの感染経路としてはセックスが多数のケースであり、クラミジアを「性感染症」として印象付けられている原因ともなっています。保菌している人と性交渉を行った場合、たった一度であっても感染してしまうことがあります。

 

一般的な性行為以外が感染原因となることも

粘膜同士の接触がクラミジアの感染経路となることを考えると、一般的な性行為だけが原因となるわけではない、ということがおわかりいただけると思います。「口と口の接触」「口と性器の接触」「性器と性器の接触」、これらすべてがクラミジアの感染経路となり得るのです。

オーラルセックスや、肛門を使用した性行為、尿を使った性行為などでも、クラミジアに感染してしまう可能性は十分にあります。性風俗での感染や、同性同士での性行為から感染した例も少なくありません。また、「キス」も粘膜同士を接触させますので、感染の危険性はゼロではないのです。

自覚症状がないことも多い

性行為を行うパートナーとの間で相互理解があれば、クラミジアの感染を防ぐことができます。しかし、クラミジアには目立った自覚症状がなく、こちらも知らず知らずのうちに感染を広げてしまう一因となっています。

体の異変にいち早く気づき病院で診療を受ける、コンドームを使用し粘膜同士の接触を避ける、といった意識がクラミジアによる目立った自覚症状がない段階から求められるでしょう。

不安をお持ちの方は気軽に検査を

ピンクサロンなどの性風俗でオーラルセックスを体験された方や、不特定多数の異性と性交渉を行った経緯のある方は、クラミジアに感染している可能性が高くなります。少しでも不安があるなら、新宿駅前クリニックまでお越しください。検査を行い、感染の有無についてお伝えします。

ページトップへ